読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NIFTY Cloud mobile backend (NCMB) のエバンジェリスト記事が公開されました

先月、以下のブログ記事で報告しましたが、NIFTY Cloud mobile backend (NCMB) というサービスのエバンジェリスト活動の仕事を現在させていただいています。

koyhogetech.hatenablog.com

エバンジェリスト活動の一環で、NCMB の 6/15 リリースの新機能である Google 認証機能を Android で行うやり方の記事を Qiita に書きました。自分としての初エバンジェリスト記事です。

qiita.com

qiita.com

かなり丁寧に書いたので、いろいろ事前準備するだけで 1 記事を使うという贅沢っぷりですw まあその分この記事を読んでその通りにやれば、ハマる人はまあ出ないだろうという初心者に優しい記事になっています。

自分でやってみて分かったのですが、この辺の複数サービス連携機能は、こっちで生成した文字列をあっちに入力して…というのが複雑に絡み合っていて、ぱっと見すごく分かりにくいです。どこで何が必要かということを意識して整理して書いたので、その点は少しは分かりやすくなっていると思います。

Co-Edoで開催されている「エンジニアのための法律勉強会」は法律と向き合う肌感覚を教えてくれる

https://www.flickr.com/photos/paige-pics/2283584007/ cc by Paige

昨日は、Co-Edo で開催された「エンジニアのための法律勉強会 #4」に参加してきました。

この勉強会シリーズは、東京山王法律事務所野島梨恵氏を招いて、主にソフトウェア開発業務における各種法律を、実際の判例を題材にして解説していただくというものです。講師の野島さんがたいへん面白い方で、軽妙な語り口のぶっちゃけトークで、判例の読み方のキモや、トラブルに備えて普段からどのような点に気をつけていればよいかということを、わかりやすく解説して下さいます。

開始当初は3回くらいの予定が、内容がとても面白く評判も良いので、主催者の田中弘治さんがそのままシリーズ化したという経緯で、今回第4回が開催されました。

私はたまたま第1回から参加していて、野島さんの話の面白さにつられて毎回参加メモを gist に残していたので、この辺でリンクをまとめておきたいと思ってこのエントリを書きました。

勉強会が終了して、参加メモを gist にポストするたびに「こんな興味深い勉強会があったのか」とか「知ってれば行ったのに」という声を耳にするのですが、募集段階で私も何度か告知を拡散しているので、ちゃんとそれを拾ってきちんと勉強会に足を運んでください。

いやほんとよい勉強会シリーズなので。

第1回

coedo-dev.doorkeeper.jp

第2回

coedo-dev.doorkeeper.jp

第3回

coedo-dev.doorkeeper.jp

第4回

coedo-dev.doorkeeper.jp

第5回

coedo-dev.doorkeeper.jp

第6回

coedo-dev.doorkeeper.jp

(開催のたびにここに情報を追記していく予定)

ニフティクラウド mobile backendのエバンジェリストをすることになりました

今月よりニフティクラウド mobile backendエバンジェリストを仕事でやらせていただくことになりました。

mb.cloud.nifty.com

これはMOOGIFT中津川さんがやられている DevRel というサービスのお手伝いの一環で、週に2日ほど西新宿のニフティさんにお伺いして作業しています。

devrel.jp

エバンジェリストと言っても、まだサービスそのものの中身を勉強中の身であり、エバンジェリスト活動として表舞台に立ち始めるのは早くて来月くらいからだと考えています。

とりあえずニフティクラウドmobile backend (NCMB) の Android SDKの次バージョンの開発をお手伝いしつつ、中身について深く理解していくというのが当面のミッションです。Android開発は大昔に少し触れたくらいで、本格的にやるのは初めての経験なので、新しい知識をどんどん脳の隙間にに突っ込んでいってパンクしかけながら踏みこたえるという、新しい技術を勉強するときにありがちな感覚を楽しく味わっています。

NCMB共々、今後ともよろしくお願いします。

Phalconとはなにか: Phalcon Advent Calendar 1日目

f:id:koyhoge:20141202110711p:plain

初日から締め切りぶっちしてますが、Phalcon Advent Calendar 2014 - Qiitaの1日目なわけです。

最近は某所のお仕事で Phalcon を使っていまして、結構面白いフレームワークだなぁと思いながらも、案外とクセが強いというか、使い方のノウハウがまだあまり共有されていないと感じたので、ついついアドベントカレンダーを立ち上げてしまいました。参加者が集まらなくても、最悪は少人数でぼちぼちやれば良いなぁと考えていたのですが、存外に好評なようで、開始時点で 13 エントリーも集まっています。

あらためて Phalcon とはなにか

PhalconPHP 5.3 以降を対象とするウェブアプリケーションフレームワークです。


High performance PHP framework

その最大の特徴は、コア部分がひとつの PHP 機能拡張として C 言語で書かれており、そのため PHP の文法解析/オペコードへの変換をすっ飛ばして実行されます。それが「最速 PHP フレームワーク」と自ら称している所以となっています。

他にも色々と興味深い特徴を持っていて、

などなど、コア部分を機能拡張として実装する必要からか、他のコンポーネントの利用は少なく、すべて自前で実装しているフルスタックフレームワークとなっています。

なお、Phalcon 本体は PHP 機能拡張として実装されていますが、それを使用するアプリも機能拡張として書かなければいけないわけではなく、通常通り PHPフレームワークを継承/利用してコードを書いていく形になります。

Phalcon の設計の特徴

フレームワーク設計的な視点で Phalcon をみた時に、一番の特徴は

DI を中心にしてすべてを設計している

ということだと思います。

Phalcon の DI は、Phalcon\DI というクラスを実装し、それに機能をすべて登録する一種のデータベースとして利用する形式になっています。主要なクラスはすべて Phalcon\DiInterface というインターフェースを implements しており、DI を軸に各種の機能を呼び出すことで、各クラス間の依存を可能な限り小さくする方針を取っています。このため一世代前のフレームワークにありがちな、コントローラクラスにすべてを詰め込んだいわゆる「ファットコントローラ」に陥ることを防ぐのを容易にしています。

DI を軸にやり取りする以上、基本的な機能を提供するサービスにはすべて Interface が用意されており、実装を独自に差し替えることが可能になっています。ただその Interface が現在の Phalcon の実装に引きずられる形で定義されており、用途によっては汎用性が足らず、自分の望むような拡張ができないこともままあります。

現在の開発状況

Phalcon の現在の安定版は 2014年9月にリリースされた 1.3.3 2014年10月にリリースされた 1.3.4 で、これはいくつかの問題点を修正したメンテナンスリリースです。(追記: @kenji_s さんに 1.3.4 がリリースされているとご指摘いただきました。いつもありがとうございます。)

これとは別に現在開発進行中なのが 2.0.0 で 2014年10月16日にベータ3がリリースされたところです。Phalcon 2 の大きな特徴は、Zephir を使ってコアのコードをすべて書き直したことです。 Zephir は型付きの PHP とでも呼べるようなプログラミング言語で、コードを Zend API を使った C 言語に変換しコンパイルすることで、PHP と機能拡張の形でリンクできるネイティブコードを作成することができます。Phalcon を Zephir ベースで書き直したことにより、クラスの型チェックがより高速になったと報告されています。

Phalcon は速度命だけどそれだけじゃない

Phalcon が開発された発想の基本は、PHP の巨大なフルスタックフレームワークで速度の足を引っ張る部分を、根本から解決するにはどうしたら良いかという思考の末にできあがったものだと思います。コアのすべてを機能拡張として C 言語で実装するという選択は、手軽にコードを記述できる PHP のメリットを失わせるものにも思えますが、フレームワーク設計をしっかりと行いフルスタックを作り切ることで、結果的に高性能かつ用途の問わないフレームワークができあがりました。

機能拡張として実装している以上、設計変更のコストは純粋な PHP フレームワークに比べてやはりどうしても高くなります。そのため Phalcon の設計思想は、すべてのクラス設計において統一感があるように感じられます。人によっては多少の好き嫌いはあるにせよ、統一感のある思想のもとに設計されたある意味では美しいフレームワークは、触っていても心地よさを感じるものです。

サイボウズ式に「モバイルフロンティア」の紹介文を書きました

tech@サイボウズ式」の風穴さんから、エンジニアの方々にアドベントカレンダー的に書籍の紹介記事をお願する企画があるので、小山さんもぜひ何か書いて下さい、と頼まれたが11月の末。何について書こうかといろいろ考えた挙句、やはり今年の書籍といえばこれだよなと、「モバイルフロンティア よりよいモバイルUXを生み出すためのデザインガイド」を選びました。

「モバイルフロンティア」──techな人にお勧めする「意外」な一冊(11) | サイボウズ式


いや、これ本当に良い本なので、みなさんぜひ読んで下さい。


モバイルフロンティア よりよいモバイルUXを生み出すためのデザインガイド

モバイルフロンティア よりよいモバイルUXを生み出すためのデザインガイド

アジャイルメディア・ネットワークを2013年12月一杯で退職することになりました

アジャイルメディア・ネットワーク株式会社に2010年9月に入社してから3年と少し、サーバサイド・クライアントサイド・インフラエンジニアとして働いてきましたが、今月いっぱいで退職することになりました。入社時のエントリを今見かえして、当時はCTOの福田さんしかエンジニアがいなくて、とにかく何でもやったなぁと思い出します。

アジャイルメディア・ネットワークに入社しました - Blog::koyhoge


今後については、なにせ急に決まった退職話なので、またフリーランスに戻る事以外は全くのノープランです。2014年冒頭は、仕事のお話を探しつつも、図らずして時間の余裕ができたので、忙しさを理由にしてキャッチアップできていなかった各種技術の習得に時間を割きたいと思います。


もし何かお仕事のお話があれば、メール/twitter等でお気軽にご連絡下さいませ。

FuelPHPでMongoDBをちょびっと便利に使う

MongoDB Advent Calendar 2013の14日目です。まぁ途中で一度途切れているので気楽に行きましょうw


さて、このエントリはここ連続で続いている FuelPHP ネタでもあります。

MongoDBでSQL的なシーケンスをどうするか

FuelPHPでMongoDBを使うには、Coreに含まれている Mongo_Dbクラスを使うのが普通だと思います。基本的なメソッドはひと通り用意されていて、通常使う文にはまあ困らないでしょう。ただしちょっと突っ込んだことをやろうとすると、そのままでは使えなくて何らかの拡張を自分ですることになるのもよくあることです。


MongoDBをアプリケーションデータの格納に使うとして、SQL的なシーケンス(SEQUENCE)が欲しいことがあります。MySQLでいうところのSERIAL属性と同様で、一意な値を自動採番していくれる仕組みです。むろんMongoDBでもちょっとした仕掛けで実現可能で、そのための手法はちょっとググれば簡単に見つかります。ただし FuelPHP の Mongo_Db クラスでは、PHP の Mongo オブジェクトがプライベート変数になっていて直接アクセスできるメソッドもないので、直接アクセスするには Mongo_Db クラスを継承したクラスを用意する必要があります。そうやって作ったのが、以下の Util_MongoPlus クラスです。

<?php

class Util_MongoPlus extends \Fuel\Core\Mongo_Db
{
    protected $seq_collection = 'sequences';

    public function getRawMongo()
    {
        return $this->db;
    }

    public function seqNext($name)
    {
        $query = array(
            '_id' => $name,
            );
        $update = array(
            '$inc' => array('seq' => 1),
            );
        $options = array(
            'new' => true,
            'upsert' => true,
            );

        $result = $this->db->{$this->seq_collection}->findAndModify(
            $query,
            $update,
            null,
            $options
            );
        return $result['seq'];
    }
} 

直接 Mongo オブジェクトにアクセスする getRawMongo メソッドと、シーケンスを実現する seqNext メソッドを持っています。シーケンスは sequences というコレクションを作り、そこにシーケンス名がキーのレコードを作成して、アトミックにインクリメントを行うことで実現しています。


※ とここまで書いていて、Mongo_Db::get_collection メソッドを用いれば任意のコレクションにアクセスできるので、直接 Mongo オブジェクトを使う必要がないことに気がつきました。まあいいやw

MongoDBをベースにしたモデルのベースクラスを作る

で、ここまでできたらもういっそ Model のベースクラスまで作ってしまえということで、できたのが以下です。

<?php
use Fuel\Core\Date;

class Model_Mongobase
{
    static protected $table_name = null;
    static protected $uniq_id = null;

    static protected $timestamp = null;

    static public function getMongo()
    {
        return \Util_MongoPlus::instance();
    }

    static public function getTable()
    {
        return static::$table_name;
    }

    static public function getSeqName()
    {
        // dummy
        return null;
    }

    static public function newId()
    {
        $mongo = static::getMongo();
        $seq = static::getSeqName();
        if (empty($seq)) {
            throw new Exception('empty sequence');
        }
        return $mongo->seqNext($seq);
    }

    // base methods
    static public function get($id)
    {
        if (static::$uniq_id === null) {
            throw new Exception('Unique key is not found');
        }

        $mongo = static::getMongo(); 
        $conds = array(
            static::$uniq_id => (int)$id,
            );
        $result = $mongo->get_where(static::getTable(), $conds);
        if (count($result) === 0) {
            throw new Exception('Item not found');
        }
        return $result[0];
    }

    static public function all($options = null)
    {
        $conds = array_val($options, 'conditions');
        $order_by = array_val($options, 'order_by');
        $use_cursor = array_val($options, 'use_cursor', false);

        $mongo = static::getMongo();
        if (!empty($conds)) {
            $mongo->where($conds);
        }
        if (!empty($order_by)) {
            $mongo->order_by($order_by);
        }
        if ($use_cursor) {
            $result = $mongo->get_cursor(static::getTable());
        } else {
            $result = $mongo->get(static::getTable());
        }
        return $result;
    }

    static public function save($data)
    {
        if (static::$uniq_id === null) {
            $result = static::saveWithNonuniq($data);
        } else {
            $result = static::saveWithUniq($data);
        }
        return $result;
    }
    static public function saveWithNonuniq($data)
    {
        // call hook
        static::beforeInsert($data);

        $mongo = static::getMongo();
        return $mongo->insert(static::getTable(), $data);
    }

    static public function saveWithUniq($data)
    {
        $mongo = static::getMongo();

        $id_name = static::$uniq_id;

        $id = array_val($data, $id_name);
        if (empty($id)) {
            $id = static::newId();
            $data[$id_name] = $id;

            static::beforeInsert($data);
            $result = $mongo->insert(static::getTable(), $data);
        } else {
            $conds = array(
                $id_name => (int)$id,
                );

            static::beforeUpdate($data);
            $result = $mongo->where($conds)->update(static::getTable(), $data);
        }
        return $result;
    }

    static public function deleteWithUniq($id)
    {
        $mongo = static::getMongo();

        if (static::$uniq_id === null) {
            $id_key = '_id';
        } else {
            $id_key = static::$uniq_id;
        }
        $conds = array(
            $id_key => (int)$id,
            );
        return $mongo->where($conds)->delete(static::getTable());
    }

    static public function deleteAll($conds)
    {
        $mongo = static::getMongo();

        return $mongo->where($conds)->delete_all(static::getTable());
    }

    static protected function beforeInsert(&$data)
    {
        $hook = array_val(static::$timestamp, 'before_insert');
        if (empty($hook)) {
            return;
        }
        $key = array_val($hook, 'key');
        static::handleTimestamp($data, $key);
    }

    static protected function beforeUpdate(&$data)
    {
        $hook = array_val(static::$timestamp, 'before_update');
        if (empty($hook)) {
            return;
        }
        $key = array_val($hook, 'key');
        static::handleTimestamp($data, $key);
    }

    static public function handleTimestamp(&$data, $key)
    {
        foreach ($key as $k) {
            $data[$k] = Date::forge()->format('mysql');
        }
    }
}

あー、いつものarray_val()を使ってますね。ここで紹介している自作の便利関数です。


使用するには、例えば以下の様な Model_Mongobase を継承したクラスを作って

<?php

class Model_Item extends Model_Mongobase
{
    static protected $table_name = 'item';
    static protected $sequence = 'item';
    static protected $uniq_id = 'id';

    static protected $timestamp = array(
        'before_insert' => array(
            'key' => array('created_at', 'updated_at'),
            ),
        'before_update' => array(
            'key' => array('updated_at'),
            ),
        );

    static public function getSeqName()
    {
        return static::$sequence;
    }
}

あとは任意のデータを格納するだけです。

<?php
  :
    Model_Item::save(array('fuga' => 'hoge'));

継承したクラスで

static protected $uniq_id = 'id';

のように $uniq_id プロパティが定義されていれば、それに対してシーケンスを適用してくれます。


いつもなら Package にまとめて github で公開したりするんですが、これに関してはちょっとどういうまとめ方が良いのか悩んでいるところもあって、とりあえず生ソースをブログで公開することにしました。


明日のアドカレは@さんです。